高知市立自由民権記念館       お問い合わせ
記念館について 施設案内 利用案内 交通アクセス
刊行物の販売
 
トップ
 
区分・名称 価 格 詳 細
◎絵葉書 4枚1組
記念館全景・記念館夜景・レリーフ「礎は今」・常設展示室「自由の旗」
200
◎テレホンカード(50度数)
  • 自由民権記念館の昼景
  • 自由民権記念館の夜景
800
◎ビデオテープ
VHS、15分。自由民権記念館製作。
  • 「自由と土佐」
  • 「行動する思想家 植木枝盛」
  • 「憲政創設にかけた生涯 片岡健吉」
  • 「自由民権って何?」
2,000
◎自由民権記念館常設展示図録(増補改訂版)
95ページ。
1,200
売り切れ
◎細川家資料目録
459ページ。
高知市に隣接する春野町(旧秋山村)の郷士であった細川家(旧島村家)の所蔵で、点数1万を超える資料の目録。
2,500
◎岩波文庫版「自由党史」人名索引
49ページ。
1958(昭和33)年に岩波書店から刊行された『自由党史』文庫版(上中下3巻)の人名索引。
500
◎「絵馬-土佐の歴史とくらし-」展示図録
72ページ。
1992(平成4)年度企画展の展示図録。土佐の歴史とくらしを知る上で重要な絵馬を、県内各地から120点余り紹介。
1,000
◎「初期議会と選挙大干渉」展示図録
36ページ。
1992(平成4)年度特別展の展示図録。帝国憲法発布から第2回衆議院総選挙の選挙大干渉にかけて、自由民権派がいかに闘ったのかを紹介。
600
◎「自由の足跡」展示図録
70ページ。
1993(平成5)年度特別展の展示図録。自由民権運動の拠点であった福島と神奈川の運動の歴史をたどるとともに、土佐の民権家との地域を越えた交流の足跡を紹介。
1,000
◎「板垣退助」解説図録
134ページ・補注42ページ。
開館5周年記念特別展の解説図録。これまで取り上げられることの少なかった自由民権期前後の時期も含め、板垣退助の全生涯を紹介。
1,200
◎「明治の女性」展示図録
91ページ。
1996(平成8)年度特別展の展示図録。明治前期の女性史に焦点を当て、特に土佐における女性の自由民権運動へのかかわりを中心に紹介。
1,000
◎「谷干城のみた明治」展示図録
71ページ。
1997(平成9)年度特別展の展示図録。谷家や立教大学に保存されている資料を中心に、軍事や政治・教育や思想など、幅広い分野で活躍した谷干城を紹介。
1,000
◎「立志社-その活動と憲法草案-」展示図録
100ページ。
1998(平成10)年度特別展の展示図録。立志社の創立から解散までの活動とともに現在の日本国憲法制定過程に大きな影響を与えた憲法草案を紹介。
1,000
◎「岡崎精郎の生涯」展示図録
71ページ。
1999(平成11)年度特別展の展示図録。社会・大衆運動家として活躍し、画家でもあった岡崎精郎の生涯を紹介するとともに本人の描いた絵画も多数紹介。
1,000
◎「東洋のルソー 中江兆民の生涯」展示図録
89ページ。
2001(平成13)年度特
別展の展示図録。没後百年を記念して、東洋のルソーと呼ばれた中江兆民の生涯とその業績を約120点の県内外の資料と多数の写真・イラスト等で紹介。
1,000
◎『土佐自由民権と現代』 外崎光広 著
62ページ。
自由民権運動の代表的研究者であった外崎光広氏による土佐自由民権の概説。一般にもわかりやすい文章でまとめられており、土佐の自由民権運動を知るための入門書として最適。
350
◎外崎光広文庫目録
(大分類)182ページ、(細分類)482ページ。
土佐自由民権運動の代表的研究者・故外崎光広氏(1920~2002)が50年以上に及ぶ研究活動の中で収集した研究文献資料の目録。約5,000項目の大分類目録と約20,000項目の細分類目録の二分冊に分かれている。分売不可。
2,000
◎松永文庫目録
145ページ。
東洋のルソーと呼ばれた自由民権運動家・中江兆民の代表的研究者である松永昌三氏より当館に寄贈された兆民関係資料の目録であり、『中江兆民全集』編纂過程で収集した複製資料が主である。資料点数5,037点。
1,000
◎『土佐自由民権読本』外崎光広 著
138ページ。
土佐自由民権運動の代表的研究者・故外崎光広氏(1920~2002)の残した未定稿原稿を記念館で編集を加え、出版した著作であり、自由民権運動の顕彰運動など外史的側面を主に著述している点に特徴がある。
1,000
◎竹村家資料目録
270ページ。
郷士・地主の家系である香美市の竹村家が所蔵していた近世・近代資料の目録であり、個人では県会・村政に関係した竹村賀熈をめぐる文書が多い。資料点数2,337点。
1,000
◎高知県社会労働運動関係者目録
169ページ。
戦前期の高知県社会労働運動の代表的指導者である岡崎精郎・和郎兄弟、氏原一郎、小松頼正の旧蔵資料を中心とする目録。資料点数3,747点。
1,000
◎「大正デモクラシーをかけぬけた青春群像−高知県社会労働運動史」展示図録
142ページ。
2006(平成18)年特別展の展示図録。自由民権運動以後の、政治的自由・主体性を獲得していくためのさまざまな民衆運動の実態を、豊富な写真資料により通史的に紹介。
1,000
◎「三大事件建白運動120年記念 土佐自由民権運動群像」展示図録
132ページ。
1887(明治20)年に起こった最大規模の民権運動である三大事件建白運動120年を記念する 2007(平成19)年特別展の展示図録。この運動の背景や、民権派総代など約100名を県内外の豊富な資料により紹介、当館制作の紙芝居原画、そして記念論文も掲載している。
1,000
売り切れ
◎来日120年記念「明治の面影・フランス人画家ビゴーの世界」
176ページ。
フランス人画家ジョルジュ・フェルディナン・ビゴーの来日120年を記念した、2003(平成15)年度特別展図録。「日本」をテーマにして描いた、ビゴーの主要な作品をとおして、「ビゴーが見た明治の日本」に迫る。残部僅少。
2,000
売り切れ
◎土佐が誇る名優 澤田正二郎展 ―龍馬を演じた奇才―
15ページ。
2009(平成21)年度特別展パンフレット。演劇界に「新國劇」という新しいスタイルを取り入れ、坂本龍馬のほか数多くの当たり役を演じた澤田正二郎。38歳という、儚くも最期まで演劇に捧げたその生涯を振り返る。
300
◎「汗血千里の駒の世界」
14ページ。
2010(平成22)年度特別展の展示図録。
龍馬を一躍有名にした民権家・坂崎紫蘭による(坂本龍馬)一代記の展示解説
300
売り切れ
◎小中学生のための坂本龍馬物語
67ページ。
坂本龍馬の生涯を辿った絵本をはじめ、ゆかりの場所や人々、そして龍馬直筆の手紙などを写真入りで紹介。全編オールカラーで、子供から大人まで楽しめる「坂本龍馬」の決定版。部数限定。
900
◎描かれた高知市-高知市史 絵図地図編-
219ページ。
江戸時代から平成にかけて、高知市はどのように発展してきたのか。30畳分の大きさの「元禄土佐国絵図」をはじめ、江戸期以降の絵図や地図など163点を収録。部数限定。
3,500
◎幸徳秋水展-その生涯と思想-
18ページ。
2010(平成22)年度特別展図録。初期社会主義の思想家として「自由」・「平等」・「博愛」の実現を目指すため、幸徳秋水はどのような人生を送ることになったのか。大逆事件検挙から百周年の年に、彼の生涯を振り返る。
300
売り切れ
◎憲法草案の生まれた書斎-行動する思想家・植木枝盛-
16ページ。
2011(平成23)年度企画展図録。高知市桜馬場に所在した植木枝盛旧邸が解体され、枝盛が「東洋大日本国々憲案」を起草した書斎が自由民権記念館の常設展示室に移設された。それにあわせ、解体時に実施した調査によって得られた情報や、枝盛の行動する思想家としての人物像などを当時の新聞や枝盛直筆資料などによって紹介。
200
◎板垣退助愛蔵品展―”板垣死ストモ”時空を超えて―
38ページ。
2011(平成23)年度企画展図録。板垣退助の死後、子孫の手で大切に保管されてきた板垣愛蔵品41点が当館に寄託されることとなった。洋行時に購入したルイヴィトン・トランクや皇室下賜品などの貴重な品々をオールカラーで板垣の生涯とともに紹介する。
500
◎山本憲関係資料目録
166ページ。
大阪事件のさい、檄文「告朝鮮自主檄」を起草した、山本憲のご親族により当館に寄贈された資料の目録。資料点数6,000点
1,000
◎自由民権記念館紀要 No.1
1991(平成3)年10月発行。51ページ。
  中江兆民と現代   松永昌三
  植木枝盛の死因について   外崎光広
憲政記念館文庫目録(旧高知市憲政記念館蔵書目録)
500  
◎自由民権記念館紀要 No.2
1993(平成5)年3月発行。57ページ。
  土佐の自由民権運動と民衆   井上 清
  明治二十五年臨時総選挙における「土佐派」の対応について   篠田充男
  資料紹介「明治二十五年高知県通常県会決議録」   篠田充男
  選挙大干渉百年全国集会の記録   筒井秀一
宇田文庫目録
500  
◎自由民権記念館紀要 No.3
1993(平成5)年12月発行。76ページ。
選挙大干渉百年全国集会報告集
  1892年選挙大干渉の歴史的位相   安在邦夫
  憲法からみた議会制民主主義   奥平康弘
  謝花昇の国政参加   伊佐眞一
  全国各地の現状報告   (司会)新井勝絋・篠田充男
  立憲政治を支えたもの   永井秀夫
  選挙大干渉と石川県   森山誠一
  高知県における選挙大干渉について   公文 豪
  佐賀県内に於ける選挙大干渉の経緯   尾形善次郎
  選挙干渉をめぐる権力と議会   大日方純夫
  選挙大干渉百年全国集会研究報告
質疑討論
  (司会)松尾章一
  《総括》問題の所在   後藤 靖
500  
◎自由民権記念館紀要 No.4
1995(平成7)年3月発行。51ページ。
  土佐と神奈川の民権家交流-相州・湘南社をめぐって-   大畑 哲
  板垣退助と西南戦争   外崎光広
  奥村多喜衛と排日予防運動   島田法子
  板垣会所蔵資料紹介   筒井秀一
檜垣家資料目録
濱口雄幸関係資料
500  
◎自由民権記念館紀要 No.5
1996(平成8)年3月発行。73ページ。
  土佐自由民権研究会史   公文 豪
  府県会規則下高知県会議員の異動について   筒井秀一
500  
◎自由民権記念館紀要 No.6
1997(平成9)年3月発行。62ページ。
  戦前・戦後の女性史   犬丸義一
  〈資料紹介〉富家村実況 出多羅目草誌    
  『出多羅目草誌』の筆者・別役儁   公文 豪
500  
◎自由民権記念館紀要 No.7
1998(平成10)年3月発行。101ページ。
  植木枝盛についての研究目録   外崎光広
  「和田三郎」資料紹介と著作目録および略年譜   藤原和雄
  〈資料紹介〉高田一二関係資料   島村長生
500  
◎自由民権記念館紀要 No.8
1999(平成11)年3月発行。94ページ。
  土佐自由民権研究史   外崎光広
  三つの「憲法の時代」
-民権期の憲法草案から100年を見る-
  新井勝紘
500  
◎自由民権記念館紀要 No.9
2000(平成12)年3月発行。19ページ。
  植木枝盛の書簡と滋賀県の民権運動   外崎光広
  中江兆民の新書簡   公文 豪
500  
◎自由民権記念館紀要 No.10
2002(平成14)年3月発行。93ページ。
○論文
  維新勤王運動と自由民権運動の断層   外崎光広
  自由民権運動と女性の表象   大木基子
  1890年高知県の米騒動   吉田文茂
○中江兆民シンポジウム報告(兆民の現代的意義を考える)
【第一部】
  兆民の大きさ   猪野 睦
  2001年の中江兆民   井田進也
  「情」の思想と「理」の思想   松本三之介
質疑応答
【第ニ部】
  演劇「土佐、いまだ山河ありて 中江兆民」   劇団笛の会
○目録
松永文庫(実物資料目録)
弘瀬家資料目録
小松頼正・池上隆郎関係資料目録
500  
◎自由民権記念館紀要 No.11
2003(平成15)年3月発行。90ページ。
○論文
  小野梓と「国民」   阿部恒久
  土佐と西洋───小野梓の時代   天羽康夫
  馬場辰猪における学者職分論   松岡僖一
  征韓論争の歴史的前提   田村安興
○外崎光広先生・関田英里先生 追悼特集
  外崎光広先生を偲ぶ   安在邦夫
  外崎先生   大木基子
  外崎光広先生の業績をたどる   筒井秀一
  関田英里先生を偲んで   田村安興
  関田英里先生を偲ぶ   関根善二
○資料紹介
  憲法発布まで(吉田正春氏 談)
○目録
  入交文庫
500  
◎自由民権記念館紀要 No.12
2004(平成16)年6月発行。109ページ。
○2003年度特別展記念論文
  ビゴーの代表的諷刺雑誌『トバエ』とその協力者たち   清水 勲
  東京の観察者、ビゴー   クリスチャン・ポラック
○論文
  歩兵朝倉第四十四聨隊誘致と兵営敷地献納運動   公文 豪
  高知県における陪審法の運用   小幡 尚
  奥村多喜衛と三代事件建白運動   中川芙佐
○研究ノート
  西森拙三の生涯を追って   丸山和代
  高知県の「大正デモクラシー的状況」における
社会労働運動の胎動
  氏原和彦
500  
◎自由民権記念館紀要 No.13
2005(平成17)年6月発行。93ページ。
○2004年度特別展記念論文
  政治型土佐人とその政治観   英保怜一郎
○論文
  幡多郡郷士(有信講)の挙兵計画(明治10年)   松岡僖一
  「民権ばあさん」楠瀬喜多小論   公文 豪
○資料紹介
  香我美町岸本 河村家資料について
○目録
  片岡家資料目録
500  
◎自由民権記念館紀要 No.14
2006(平成18)年8月発行。126ページ。
○論文
  ある郷士一家の幕末維新(戊辰戦争前後)
─「細川家資料」慶應~明治初年をめぐって─
  上田博信
  選挙大干渉と下田事件   公文 豪
  【報告】島村重助家住宅調査報告   西森初美
  土佐自由民権運動に見るキリスト教感化
─あるクリスチャン青年の軌跡を通して─
  中川芙佐
  山本正心と土佐自由民権運動─思想とその一生   山本由児
  旧制高知高等学校教授白石勉宛与謝野寛書簡をめぐって
─戦前の高知発土佐日記研究─
  今井章博
○日弁連・鳥取人権大会プレシンポジューム報告
  憲法のこころをもとめて─植木枝盛と憲法案─   松岡僖一
○史料紹介
  自由党解党大会出席者について   公文 豪
500  
◎自由民権記念館紀要 No.15
2007(平成19)年6月発行。104ページ。
○2006年度特別展記念論文
  近代日本の社会運動と高知県の状況   梅田俊英
○論文
  「自由は土佐の山間より」考   松岡僖一
  土佐自由民権運動の新史料
-徳弘馬域郎関係史料から-
  公文 豪
  奥村多喜衛とハワイ日本人社会
19世紀末ハワイにおける奥村多喜衛の日本人教育
  中川芙佐
  「立志社ネーミング」考   今井章博
○史料紹介
  松木正守刺殺事件の顛末について
  2006年度寄贈寄託資料目録
  2006年度資料寄贈者一覧
500  
◎自由民権記念館紀要 No.16
2008(平成20)年8月発行。113ページ。
○2007年度特別展記念論文
  植木枝盛と三大事件建白の精神   福井 淳
○論文
  清末の変法派人士汪康年から山本憲への手紙
-『山本憲関係書簡』の史料的価値を示しつつ-
  吉尾 寛
  立憲政友会高知支部の分裂と
土陽新聞社経営権争奪抗争に関する一考察
  岸本繁一
  水野龍・前半生に関するノート
-自由民権運動からブラジル移民・殖民事業へ-
  中村茂生
  奥村多喜衛とハワイ日本人社会
-19世紀末ホノルル・ダウンタウンの日本人暗黒街掃蕩運動-
  中川芙佐
  十五年戦争期の高知朝倉陸軍墓地   小幡 尚
○研究ノート
  「本願寺高知別院付属育児会」と「高知育児会」の
設立について
  氏原和彦
○目録
  飯田家資料目録
  2007年度寄贈寄託資料目録
  2007年度図書等資料寄贈者一覧
500  
◎自由民権記念館紀要 No.17
2009(平成21)年10月発行。53ページ。
○論文
  梁啓超から山本憲への手紙   吉尾 寛
大野三徳
  奥村多喜衛と日本帰国   中川芙佐
○目録
  堀見熈助関係資料について
  2008年度寄贈寄託資料目録
  2008年度図書等資料寄贈者一覧
500  
◎自由民権記念館紀要 No.18
2010(平成22)年10月発行。31ページ。
○論文
  土佐労働同盟会「どんぞこ」   吉田文茂
  変法派人士の日本存命中の一齣
―東京、高知・・・「山本憲関係資料」を糸口にして―
  吉尾 寛
  「梁啓超から山本憲への手紙」再考   吉尾 寛
○目録
  2009年度寄贈寄託資料目録
  2009年度図書資料等寄贈者一覧
500  
◎自由民権記念館紀要 No.19
2011(平成23)年7月発行。83ページ。
○論文
  昭和初期の国家改造運動と大岸頼好―その思想と行動―   岸本繁一
  高知県における中間派無産政党の成立   吉田文茂
  高知慈善協会の明治期から大正期にかけての活動経過に
ついて
  氏原和彦
○2010年度特別展記念講演記録
  日露戦争と非戦論   松岡僖一
○資料紹介
  佐竹晴記関係資料「解説」   吉田文茂
  「藤田盛若資料」についての解題   吉田文茂
○目録
  2010年度寄贈寄託資料目録
  2010年度図書等資料寄贈者一覧
500  
◎自由民権記念館紀要 No.20
2012(平成24)年12月発行。95ページ。
○論文
  鈴木安蔵の高知調査と植木枝盛憲法草案の確認
―静岡大学「鈴木安蔵関係資料」の紹介
  田村貞雄
  土佐の要馬術   長山昌広
  後藤象二郎と開成館 ~新出資料をめぐって~   今井章博
○研究ノート
  草莽の民権家・曾田愛三郎   松岡僖一
○2010年度特別展記念講演記録
  第4回 四国地域史研究連絡協議会高知大会
「四国の自由民権運動」
   
  四国地域史研究連絡協議会高知世話人   小幡 尚
  香川(讃岐)の民権結社   和田 仁
  国会開設前後愛媛の政社活動
―末広鉄腸の遊説を中心に―
  伊予史談会会長
高須賀康生
  阿波の自由民権運動と自助社   徳島地方史研究会
宇山孝人
  植木枝盛旧邸襖の下張りについて   高知近代史研究会
今井章博
○資料紹介
  森下高茂関係資料について   公文 豪
  山崎百次郎関係資料について   公文 豪
500  
◎日清戦争とメディア
30ページ。
300円  
◎憲法発布と錦絵
14ページ。
300円
トップ 友の会へもどる
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは高知市立自由民権記念館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2016 Kochi Liberty and People's Rights Museum (JAPAN)